2014年07月18日

東郷 健 クロッキー展 御案内

 大造さんの藤川デザイン学院の先輩のクロッキー展です。
京都、寺町通りのギャラリーカトで、29日より、8月3日までです。

東郷案内.jpg


東郷健案内.jpeg.jpg











posted by Megu at 11:02 | Comment(0) | 展覧会のお知らせ

2014年07月10日

岩渕華林さんの個展

 岩渕華林さんの個展が、明日より2週間 東京 京橋の’ギャラリー椿’でありますので、御紹介します。

岩渕華林さん.jpg


岩渕華林.jpeg.jpeg

 
若い人、どちらかと言えば静かな感じの人なのですが、、生半可でない凄い力、、不可思議さを作品からおぼえる、、、。

 昨年の9月 に、東京造形大学(めぐみの母校)を訪ねて筆の紹介をさせてもらった折に、
知り合った、版表現アシスタントの岩渕華林さんの 個展案内が届いた。 
面相筆を気に入って使って下さっていると。

IMG_0021.jpg
その折のスナップ写真。生嶋順理先生にお世話になりました。

 岩渕華林さんの作品集のURLです。 http://iwbckrn.tumblr.com/ 

1度、華林さんの絵を実際に見たいと思っていますが、東京までは遠いです。
東京方面の皆さん、暑い折ではありますが、如何でしょうか。


  
 

posted by Megu at 22:35 | Comment(0) | 展覧会のお知らせ

2014年06月28日

贈答用の箱が出来ました。

no-title


s-IMG_2767.jpg

  2段階大きくなりますので、写真をクリックしてみて下さい。
s-IMG_2782.jpg


 前から箱を作らなくっちゃとは思っていても、、、のん気に後廻しになっていたのですが、

急に贈答用の箱が必要になって、慌てて業者を探しまわり、、、間に合わせることができました。

いろんな筆を入れてみて楽しみました。

  1つ300円です。   贈答用包装をしたのは 500円、、すべて和紙ですし、また、手間が相当かかりますので、よろしく。

※追記 まだ写真は撮り忘れていますが、太い筆で6本入る大きさの箱もあります。価格は同じくです。外寸 28.5×6.1×H2.1
 
s-IMG_2720.jpg
結婚式の引き出物にして頂きました。


s-IMG_2784.jpg


s-IMG_2761.jpg


no-title

  にんじんの花です。  数日前に、わっぱ堂で食事した折に、初めて知りました。

 わっぱ堂は、草木染め大原工房の娘さん、かよちゃん夫婦の古民家レストラン。野菜はすべて大原の野菜で、自分たちでも作っていると。 行こう行こうと思いながらも、やっと初めて行ったのですが、とても美味しかったし、安全な食材ばかりだし、、落ち着ける家庭の中に入っている感覚も良かった。

posted by Megu at 23:03 | Comment(0) | ホームページ補足

2014年04月01日

宮山博司水彩作品展の紹介

宮山さんの絵、案内状.jpg


宮山さん作品展.jpeg



宮山博司さんの水彩作品展です。

フランス・アルザスからパリへと、ワインの美味しいところで、スケッチされて来られたようです。



2014年賀状.jpeg.jpg
今年頂いた年賀状です。


posted by Megu at 23:54 | Comment(0) | 大造のブログ

2014年03月19日

テレビ「猫しっぽ」再放送と友の個展のお知らせ

 二年前、NHK BSプレミアムで放送されました 中津筆工房が出ている番組の
ベニシアさんの「猫のしっぽ カエルの手」が、地デジ放送NHKEテレで再放送される予定です。

 5月4日(日曜日)NHKEテレにて、夕方6時より

 5月6日(火曜日)同上     昼12時25分より

宜しかったら、また見てくださいね。

IMG_2351.jpg


IMG_2352.jpg
 大原学院(大原小中学校)の裏の高野川にて、白鷺(昨年10月大造写す)



中島早知子さん、東京造形大の時のクラスメイトですが、面相筆も用いて油絵の大作を描き込んでいる画家。

近年、大造さんの面相筆をすごく気に入って使ってくれているのですが、

昨年9月にアトリエにお邪魔した時にいくつかの途中の絵を見て、

どうにも個展会場で見たくなり、東京まで見に行くと決めて宣言していた。


nakajima.jpg

   葉の先が、ふわふわ浮かんで揺れている。
    ありとあらゆる事々が感じられる、感じとれる絵だと思う。



それから、、思うように膝が治ったわけでもなく、家の用事、工房の用事がはかどっている訳でもなく、、、いろいろ無くなくではあるが、、、、、、

行っていいかな、、、と一応伺うと、、、どうぞどうぞと返事はもらってあったし、、、

ぷらっとこだまというお得なチケット購入。


 せっかく行くんだったら、またクラスメートのマヒメさんちに転がりこんで、学生気分満喫と。
工房は今、何かと忙しいのに月曜から土曜までたっぷり出かけることにしてしまった。


東京方面の方々、時間がありましたら是非行かれたし。 大作です。


3月24日(月)〜29日(土) 日本画廊にて (東京駅八重洲北口より徒歩5分)


http://gallery-nippon.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-8a4e.html

これをクリックしたら、日本画廊の情報が出ます。





posted by Megu at 15:14 | Comment(0) | お知らせ

2014年02月13日

毎日放送「ちちんぷいぷい」の撮影


 今日のこと、人気番組「ちちんぷいぷい」の「プリマ旦那の若旦那21」というコーナーの取材で

プリマ旦那のお二人が来られました。

IMG_2400 (2).jpg



4時前ごろに来られて、思っていた以上に丁寧な撮影、取材。放送が楽しみです。

IMG_2406 (2).jpg



IMG_2408 (2).jpg
工房玄関で、プリマ旦那の河野さん、野村さんと




IMG_2409 (2).jpg
工房前の道で、最後の一コマの撮影中





放送は  2月26日 水曜日


毎日放送  午後2時55分〜5時45分の番組の中の


ちちんぷいぷいの『プリマ旦那の若旦那21』というコーナーです。


是非ご覧下さい。


 *残念ながら関西のみの放送ですので、あしからず・・・・


posted by Megu at 18:38 | Comment(0) | お知らせ

2014年01月07日

2014年 おめでとうございます


2014�N����.jpg

2014年 明けまして おめでとうございます
旧年度中は、いろいろとありがとうございました
本年も宜しくお願い申しあげます


水彩にて、馬の目に願いをこめて描きました。
字は、大造です。 


posted by Megu at 18:12 | Comment(0) | 日記

2013年09月11日

銀座松屋の「ベニシアと仲間たち展」に、出展します

          何かを見つめるネコとねこ
IMG_2177.jpg



あまりにも暑い夏でした。

頭ガンガンの熱中症にも、一日中 大原の我が家にいたのにかかったりという日もありて

それだけに、本当に異常なのだと、まさしく異常な世の中のその真っ只中で生きているんだと思わざるを得なかった。今もいろんな意味でそう思ってもいますが、


今日は取り分けて涼しくなり、虫の音につつまれながらほっとしています。



          玄関先のネコとねこ
IMG_2183.jpg

          


9月11日(水)から24日(火)まで、東京 銀座松屋の8階にて「ベニシアと仲間たち展」が、開かれますが、そこに中津大造も出品します。筆の展示と委託販売コーナーもあります。

いろんな筆を見てほしいからとの思いもあって、23種類の筆を用意しました。

 売り場に居るわけではないので、どの筆がどう違うかなど聞かれた時の資料をと求められて、、、、
いろいろな観点から今、分かっていることを大造氏に聞いてまとめてみました。
まだまだいい加減な資料ではありますが、私自身少しは前よりわかってよかったという所です。


大造氏は猫と共に留守番ですが、私は20日に上京、21日から最終日まで、午後はできるだけ会場にいようと思っています。


 銀座松屋「ベニシアと仲間たち展」のURL
 http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20130911_venetia.html

 ベニシアさんは、大造氏と同じ歳。 大原の古民家で、ハーブ中心の庭作りをされながら住まわれていますが、TVそのままの飾らない性格で、どこか大きな人生哲学をもった人です。職人仕事、伝統の昔からの物をもっと大切にしていかんといかんよと、熱い思いを持って語られる。NHKの番組「猫のしっぽ カエルの手」の収録は終わりましたが、今はEテレで日曜、火曜に再放送しています。
http://www.nhk.or.jp/venetia/index.html  Eテレでアンコール放送

posted by Megu at 03:06 | Comment(0) | 日記

2013年09月01日

筆工房・休日の情報  2017年3月4日更新まで

2017年 4月3日より 
・休日情報は、ホームページにて、作成書き込みにしました。

  ー2017年 3月4日更新ー   
 
近日のお休み予定  その都度、書き換えます。

 暫く、書き換えしていなくて失礼しました。
 中津筆工房も、職人としての日常が戻っていますので、お休みの日は少なくなっています。
  しかし、明日(5日)、明後日と留守にしますので、宜しくお願いします。
 
3月5日(日曜) お休みにします。
3月6日(月曜) お休みにします。
3月25日(土曜)は、お休みするかもと、考えています。


   留守番電話に入れて下さるか、夜10時頃までのお電話大丈夫です。
    なお、非表示のお電話は受け付けない設定になっていますので、その場合には
   「186」(いいやろ)を付けて、お電話をくださいますように。
   メールは24時間受け付けています。 koubou@nakatsufude.jp
                    075-744-2134です。
   留守番電話にはお名前とご用件を入れて置いて下さいますように、宜しくお願いします。


ー大原わいわい日曜朝市への出店は、止めました。ー

  朝市に中津筆工房の筆を出店してきましたが、身体に無理になってきましたので、今年2016年1月より出店を辞めました。
  
  朝市会場より約1kmの所に当工房がありますので、どうぞお店の方にお立ち寄り下さい。
 朝9時から夕方6時まで開けています。
手描きの地図を下に載せておきます。

  川沿いですが、車は入れます。運転に心配な方は茶谷さん駐車場に止めて、その旨お知らせください。

  定休日は設けてなく不定休ですが、特に日曜日は、特別の日以外は休みません。
 


Sおまかせ中津筆工房の地図S.jpg


     

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ー以下、2012年のブログ添付ー 
  

アーティチョーク(別名チョウセンアザミ)

大原のわいわい朝市には、珍しい花がよく出ますが、初めて出会いました。
まだ、つぼみだったのですが、「ナニ!コレハ!はな?」と真面目に聞きましたよ。

そのつぼみの写真を撮るのを忘れて残念です。
それがまた、古典の絵には欠かせない雰囲気のつぼみ。、、、化石の雰囲気。

一週間経って咲き始めて、何だかドキッとさせられましたね。そうか、、生きた花だったんだ。
大きなアザミです、という自己主張をされたような。
、、ちょっとない花ですね。しかも、食べられるそうです。
IMG_1570.jpg 7月15日
 

IMG_1572.jpg 7月15日


IMG_1574.jpg 7月15日


IMG_1579.jpg 7月16日


IMG_1580.jpg 7月16日



posted by Megu at 00:21 | Comment(0) | ホームページ補足

2013年03月28日

HP補足:新作の狸面相のこと、長さ調節のこと

狸面相 大・中・小 新しく作りました。長鋒狸面相(ちょうほうたぬきめんそう)です。
長鋒狸面相.jpg
1マス5ミリ。上から長さ五分(ぶ)、六分、七分の筆です。一分(ぶ)は,3,03ミリ


 昨年春、ベニシアさんの番組「猫のしっぽ カエルの手」の撮影の中でしたが、
陶芸家の柴田良三さんに試しに使っていただいたところ、
成形して乾燥させた素焼き前の壷に呉須(染め付けに用いる藍色の顔料)で描くのに、
「これは良い」と、気に入って下さった筆です。



新作を作ること自体 大造氏にとって初めてのこと、今までは工房のみにおいていました。

基本は、長鋒鼬面相(ちょうほういたちめんそう)の狸版ですが、同じ長さだと少し柔らかいので、五厘(五りん約1.5ミリ)短くしています。
長鋒鼬面相は、日本画中心によく使われている穂先が細くて長い絵筆です。


ー狸の毛の特徴ー
  ・1本1本の毛が鼬(いたち)の毛に比べて、先の方に膨らみあります。

  ・鼬の毛より、少し柔らかい感触です。

  ・金泥や陶器の顔料、漆など、ねばりのある顔料、画材に向いているようです。

  ・アクリル絵の具には向かないと、一度ネットで書かれているのを見たことがあります。
   身近な人の話でもありませんので、具体的にどうなのか分かりませんが、
    気にかかっています。
   ご意見を頂戴したいところです。

ーーーー 以上ブログに書いて一年以上経ちました。アクリル絵の具を使っている人、数人に直接聞きましたが、全く支障なしとの話でした。−−−−





IMG_1337.jpg
前述の柴田良三さんに筆を試してもらっているところ2012年4月



長鋒狸面相は、新作の筆ですので、10パーセント引きで販売してきましたが、2014年5月1日より定価に戻させていただきました。 いろいろご意見を頂戴致しましてありがとうございました。



   ・長鋒狸面相(ちょうほうたぬきめんそう) 税込み価格です。

    23番 長鋒狸面相 大  ¥2,765−

    24番 長鋒狸面相 中  ¥2,398−

    25番 長鋒狸面相 小  ¥2,074− 





・筆名を狸面相としていましたが、この度 長鋒狸面相に変えました。


・長さを変えられますので、可能な範囲でご要望にお答えできます。再度お買い求めのときにご相談下さい。



 その他の筆につきましても、可能な範囲はありますが、長さの調整をさせていただきます。

元より調整できるように作ってある筆は、08鼬面相,小・09鼬毫点附・10貂毛書・11美保毛書・19金泥書(黒毛)・20金泥書(白毛)・21白毛三号・22鼬金泥書です。

これ以外の筆の場合は、調整できないように止めていますので、次に、その筆を製筆する時まで待っていただくことになります。 時間がかかる場合もありますが、ご相談ください。



 ご意見ご要望を頂くのは、こちらの勉強にもなりますので、

 何なりと遠慮なくお伝え下さいますように宜しくお願いします。


 * ご注文・ご要望やご相談の窓口は、、
 ホームページのご注文についてのページに記しています。
 http://nakatsufude.jp/4_order.html(クリックで、出ます)
 
    


追記;  記事の中で、もう訂正はしましたが、五厘短くしていると書くべきところを、五分短くしていると記していたので、師匠大造氏に大いに笑われました。

尺貫法の生きている職人の世界・・・一時期は、法律にて禁じられていただけに・・・いや、現代においても、禁止令はとかれていないようなのですが、、、、

 しかし、当工房もホームページを開設するにあたって、分とか厘では分かりにくいからと穂先の長さをミリで表示するようにしたために、微妙に長さの変化が生じてしまっていたようです。

鋭い感性の青年より、悲痛な思いの苦言を頂戴しまして、大いに反省。
今は、ホームページの筆カタログの記載はミリのままですが、物差しは元に戻しています。

 という訳ですので、改めまして尺貫法です。

仕方がないので、覚えようと思って調べました。

 一尺(しゃく)は、33m分の10(10÷33)=0.3030303‥‥m  約30.3センチ
 一寸(すん)は、一尺の10分の1・・・・・約3.03センチ
 一分(ぶ) は、一寸の10分の1・・・・・約3.03ミリ
 一厘(りん)は、一分の10分の1・・・・・約0.3ミリ

  どこまでも割り切れないというのが何ともいいですね。






posted by Megu at 00:00 | Comment(3) | ホームページ補足