2017年10月02日

広島 原爆ドーム


IMG_5622.jpg



この夏 7月末の広島 原爆ドーム

大造氏 ひとり旅  ドームのまわりを、南から時計回りで1周したと。
 朝7時過ぎよりの写真です。



IMG_5625.jpg





IMG_5627.jpg


石ひとつ 欠けらひとつ

そのままにしておかないといけない。

そのことを強く感じる。


IMG_5628.jpg






IMG_5629.jpg





IMG_5630 - コピー.jpg
(次の写真の真ん中下 部分拡大)



IMG_5630.jpg





IMG_5631.jpg





IMG_5632.jpg





IMG_5633.jpg





IMG_5634.jpg



posted by Megu at 00:08 | Comment(0) | 日記

2017年01月04日

2017年 あけまして おめでとうございます

 本年も 宜しくお願いします。

2017年賀状.jpg

下鴨神社 糺の森のアオバズク  フクロウ科の準絶滅危惧種です。
   
糺の森の南側の自然のままにされていた所に営巣していたのです。
その場所がマンション建設工事にて、大木が相当伐採、あるいは移植されてしまいました。
 さぞかし困っていると思います。

近頃は、糺の森以外でもそうなのですが、木々を奇麗に整備したり、小道を作ったり、やたらに手を入れてしまう。
自然そのままにしておくのは美しくないと感じる傾向が街中では顕著であるようで、糺の森も自然のままの場所はもう見当たらなくなってきました。 寂しいことです。

せっかくの自然そのものを大切にしないで、作り物化してしまって、薄っぺらなものにしてしまっている。
そう感じるのは、やはりもう古いのでしょうか?
いろいろな思いを込めて、怒っているアオバズクを描きました。

糺の森のすぐそばで育っただけに、残念な思いは深くて
 「糺の森 未来の会」にて、署名も集めています。  
https://www.facebook.com/糺の森-未来の会-394941354026233/?fref=photo

 京都の世界文化遺産を、間違った観光地化するための破壊、開発から守りたいと思っています。
       ※ 糺の森=ただすのもり


 秋は息子の住む家の改築工事で、工房は留守がちでしたが、
12月末には出来あがり、息子たちも住み始めました。

 ようやく落ち着いて工房に居るという日常になってきました。
訪問を待っていて下さった方々、どうぞ宜しくお願いします。




posted by Megu at 12:41 | Comment(0) | 日記

2016年12月04日

息子の住む家 改築仕事 P2

やはり素人 なかなかに出来あがらず、、、
父子二人で、未だ頑張っている。
しかし、12月中頃には出来あがる見通しになってきました。

 折角,訪ねて下さった方には、失礼しております。
週に2日は、在宅で筆仕事をしています。都合を調整できますので、どうぞ、夜にお電話下さいますよう、宜しくお願いします。


IMG_4722.jpg
ロフトの窓・・・素人だからこそ凝る

IMG_4749.jpg
ロフトの物入れ場所・・押し入れ・・隠れ場所にいいな

IMG_4753.jpg
息子の大工の腕前も上がってきたようです

IMG_4781.jpg
 早朝のたんぽぽ

IMG_4783.jpg
 綿毛に水滴

IMG_4788.jpg
 バス停までの早朝の大原の景色

IMG_4790.jpg








posted by Megu at 23:32 | Comment(0) | 日記

2016年10月06日

洋梨鳥 Pear bird

IMG_4691.jpg
          
IMG_4693.jpg
          むむっ
IMG_4697.jpg
      と り
IMG_4700.jpg
      むむむっ
IMG_4702.jpg
    すわっている
IMG_4704.jpg
     ねてる
IMG_4706.jpg
    bird
IMG_4708.jpg
  ねむってる
IMG_4709.jpg
        洋梨鳥
IMG_4710.jpg
     Pear bird
IMG_4714.jpg






posted by Megu at 05:42 | Comment(0) | 日記

2016年09月19日

筆工房に見学来訪

過日 石川県立九谷焼技術研修所の一年10名と先生2人の見学がありまして、実演をまじえながら、一通りの面相筆作り工程の話などをさせていただきました。

熱心に聞いて下さいまして、とても嬉しいあっという間のひと時でした。
     ありがとうございました。

IMG_0405.jpg

 九谷焼の将来を担う人が この中から出て来られるかもしれないと思うと、
わくわくして つい私もはべってしまい、写真を取り損ねまして露出が悪くて残念です。

本科2年、研究科1年で、3年間みっちり研修して、スタートラインという先生の話。
将来個展をする時は、案内状を送ってくれるようにと、頼んでおきました。

 石川県立九谷焼技術研修所 http://www.pref.ishikawa.jp/kutanike/index.html


IMG_0399.jpg


posted by Megu at 14:06 | Comment(0) | 日記

2016年09月17日

息子の住む家 改築仕事

IMG_4630.jpg
 この写真の姿は、本当の大工さんです

いよいよ本格的に、息子の重吉が筆仕事に通い出していたのですが、大造氏の育った一乗寺の家を改築して、そこに住まうこととなりました。

 来客のお約束の無い日は、二人して大工仕事に行くという感じになっていますので、今しばらくはあらかじめお電話をいただかないと、留守のことが多いので宜しくお願いします。


IMG_4654.jpg
 大変でも楽しそうな大造氏

IMG_4655.jpg

いっぱしの大工さんです


IMG_4647.jpg
にわか大工弟子の重吉です

IMG_4652.jpg
小さな平屋ですので、ロフトも作っています。



息子が我が家工房に通うようになって、いや、それ以上に、私のやり始めていたことがいろいろあったり、なんやかやで、ブログまで書けなかった日々、あっと言う間に、夏が過ぎました。 
                                                                   IMG_4591.jpg


初めて見ました。
初めてたべましたね。
マイクロトマト
一粒、
直径6ミリぐらいか
ほんとに小さい。


IMG_4483.jpg







何年前に植えたのでしたか(15年ぐらい前でしたか)
初めて
我が家のさくらんぼ
一つ食べました。
ほんの少しは実が付くのですが、
いつもは、赤くなる前に
小鳥に食べられてしまいます。








posted by Megu at 02:30 | Comment(0) | 日記

2016年05月17日

再々放送ですが、ベニシアさんの「猫しっぽ カエルの手」に出ます。

今宵は、雨の中、カエルが鳴いていて落ち着きます。

あまりにも、今年はカエルの鳴きはじめが遅くて異変ではないかと心配していましたが、一週間前よりよく鳴くようになり、今日は何だかほっとしました。

大原に住んだ頃(1987年秋)から、5年ほど前までは、それこそ嫌と言いたいほどカエルが多くて、車での通行は心を鬼にしながらでしたが。 
どうにも多過ぎて、カエルをさけての走行不可能状態でしたから・・・・・
カエル大好きなだけに。
無論、ねこも大好きですが。

カエルの声に包まれて、今宵は、ほっとしています。


昨日、日曜日夕方に、4年前の中津筆工房が出ているベニシアさんの「猫しっぽ カエルの手」の再放送がありました。
見ましたよ、という反響の大きさにちょっとびっくりしています。嬉しいことです。

水曜日昼、0時25分から55分まで、再々放送あります。
BS放送ではなくて、Eテレ(かつての教育テレビ)ですので、見て頂きやすいかと思います。
http://www.nhk.or.jp/venetia/past/past120511.html
ギリギリにての投稿ですが、何とぞ、宜しくお願いします。


IMG_1298.jpg


IMG_1313.jpg
2012年4月9日撮影時のひとこま



知り合いの皆さま、特にBSでは見られないと言われていた友に知らせたいと思いながら、時間無く失礼をば、です。


posted by Megu at 01:12 | Comment(0) | 日記

2016年02月17日

書物「京の手仕事 名人寄席」に取り上げていただきました

京の手仕事 表紙.jpg


 
 2013年8月8日の暑い日に数時間、著者の吉田敦さんが 丁寧に取材なさいました。

それから数年経ちまして、ようやくに出来上がった大切な本です。
                                                                                                                                                                
中津筆工房が、手仕事49の内の1つに取り上げてていただいています。

「抜け雀」と京の筆 という題名にて、中津筆工房が出ています。

  小見出しは3つあります。
     ・大原の里の筆屋さんを訪ねる
     ・面相筆ができるまで
     ・面相筆の製造元として活動


京の手仕事 プリント.jpg


posted by Megu at 12:41 | Comment(0) | 日記

2016年01月18日

大原わいわい日曜朝市への出店は、止めました

   2011年4月より 朝市に中津筆工房の筆を出店してきましたが、

 通信販売の方も忙しくなり 身体に無理になってきましたので、今年2016年1月より出店を辞めました。

 いろいろな人と出会い親しくなったこと、同窓生ともばったり出会えたことなど、楽しい思い出がたくさんあります。
    皆様 ありがとうございました。
  
  朝市会場より約1kmの所に当工房がありますので、どうぞお店の方にお立ち寄り下さい。
 朝9時から夕方6時まで開けています。 ホームページの工房案内に地図を載せています。

  定休日は設けてなく不定休ですが、特に日曜日は、特別の日以外は休みません。

  たまには、地域の清掃などの行事が入るものの(大抵10時、11時までです)そういう時は脚を痛めている私は行きませんので、お店は開けております。
  電話を入れて下さると確実です。御遠慮なく電話を掛けて下さいますように。
         075-744-2134

  近日の特別休みは、3月6日です。   法事のため休みます。

  何とぞよろしくお願いします。



書道家 イスラエルのテルザさんが、春と秋に ツアーを組んで、中津筆工房に来訪。その折の様子です。
  テルザのフェイスブックhttps://www.facebook.com/shodo.calligraphy/timeline

s-IMG_0278.jpg
左から3人目がテルザさんです。

IMG_0279 - コピー.jpg
昨年、2015年9月27日 めぐみ写す
  



     
posted by Megu at 19:15 | Comment(0) | 日記

2016年01月01日

新年 おめでとうございます

本年も 宜しくお願いします。

16年賀A.jpg


熊本市動物園のマンドリルがモデルです。

中津の面相筆にて、水彩画です。 原画 F3(73×220mm)

イタチ毛の吟面相の大、中、小、巴面相大、鼬毫地紋書の大、小、黄軸面相、鼬毫点附
タヌキ毛の金泥書(黒毛)、美保毛書、 使用しました。

仕上げになるにつれて、毛を描くのに、濃く絵の具を溶いて描く時には、タヌキ毛の方が描きやすかったです。

マンドリルを知らなかっただけに、こんな面白い派手なお猿さんがいることに、感激。

いろんなマンドリルがいるようだけど、動物園に会いに行きたくなりました。
 


posted by Megu at 19:47 | Comment(0) | 日記

2015年07月01日

名前の分からない花や、変形性膝関節症のこと

 日曜日ごとに筆の店を出している大原わいわい朝市で、楽しいことの一つに花がある。
たいてい栽培して売られる花は名前が分かっているものであるが、たまには名前の分からない花がある。

IMG_3690.jpg

これは、ちょっと奇妙な花。全体像です。


その中の一輪を葉っぱが分かりやすいようにと撮影。
   右下に緑のつぼみがついているが、そのつぼみの次にこの花になる。
色は薄緑と薄黄色という感じ、花弁の外側は薄ピンク色。角度、光によってずいぶん変わって写ってしまうが。
薄緑に見えたり、ピンクっぽく見えたり、黄色に見えたり、、、と。

IMG_3736.jpg


どれも同じ花ですが、開花とともに、色、形が変化していく。


IMG_3710.jpg



咲くにつれて色が増すが、色がとらえにくい。

IMG_3726.jpg


満開になると面白いことに、花弁が後ろへ反り返っていく。

IMG_3691.jpg
下のと同じ花ですが、全く色が違って写ってしまう。

真中は、ちょっとびっくりするほどとても堅い。そしてすごくきれいです。

IMG_3720.jpg

名前がまだわかっていません。調べているのですが、、、誰か知りませんか?




今年もほおずきが付いています。赤くなるのが楽しみです。   庭にて

IMG_3650.jpg




植物園で見つけたコウヨウザンの葉。「広葉杉」と書くらしい。
何とも魅力的な形で、友ちいちゃんと意気揚々と拾って帰ってから随分経ってしまったけど。

IMG_3763.jpg


庭のアジサイが満開。
 実家から持ってきたものや、幼友逹のひろこちゃんのお母さんに貰った額アジサイ、いづれもよく付いていくらでも大きくなりそうです。

見えない所にもいっぱい咲いていて何だかもったいないので、切り花にして玄関を飾ってみました。壺は実は傘立て。いっぱい入って良いですネ。

IMG_3749.jpg



イチョウの葉に銀杏が付いているのを、初めて発見。
というのに、その後、庭の草引きをしてたら銀杏からの実生を4つ5つも発見した。
昨年気が付かなかっただけらしい。
IMG_3756.jpg


このイチョウは、ごく幼い子供の頃より下鴨の実家にあったもの。満足に大きくならなかったのを、父が大原に持ってきて植えたら、土があったのか、すくすく大きく育った。

IMG_3769.jpg



今の時期の花や木が一番楽しいのかも。

半月板損傷にて膝にささる「かけら」を取り除く手術をしたのが、一昨年の10月。
 その前の2011年7月から1年3か月程は、半月板が割れているとは分からずに、変形性膝関節症だとの診断にて不自由なまま我慢生活。
 思い返せば、ロッキングという異常な激痛があったのに、それを騙しだまししているのが当たり前になってしまっていた不思議さ。

この丸3年草取りが出来ない脚であったのが、漸く少しできるようになったのが嬉しい。

草取りっと言っても、もっぱらヤブガラシ取り。
土を掘って根っこごと取ることを謂わば趣味としていたのに、しゃがめないし、膝着けないし、体は堅いし、足元の物を取るのに苦労していたくらいだから、とてもとても出来なかった。

いろいろとリハビリをしてきたけれど、つくづく プールで水の中を歩くリハビリが、一番効果があるようです。 前歩き、横歩き、後ろ歩きと、相当ハードにそして滑稽な程、、真剣に。 
週二日三日と頑張れば効果が上ってきた。

IMG_3767.jpg
(このノルディックウォークのストックは、ネットにて、2本3千円足らずにて購入。平地歩きの分にはこれで十分。伸び縮みの機構は壊れやすいが。)

 また、外を歩くのはかなり初めからノルディックウォーキングにしていたのが、間違いなく良かったようです。
でないと、ゆっくりしか歩けなかったのであるが、慣れれば、この2本棒を持てば、かなりの速さで闊歩できる。
いったいどこが悪いのか、さっぱりわからん。と、友が云う程に。

頸椎 脊柱管狭窄症もあるのですが、ノルディックウォーキングは、これにも効果があるようですし、困っている皆さんに薦めたいと思っています。




posted by Megu at 00:04 | Comment(2) | 日記

2015年05月22日

京都大原 わいわい日曜朝市

 暖かくなってきても、大原 わいわい朝市はまだちょっと寒かったりして、「さすが大原やね」と驚かれたりしています。

 先日のお客様、いくつか年上の方ですが、いろいろ多趣味で、写真に山に、絵に短歌に、、いやいやまだまだ、いろいろとなさっている京女。
 自転車で、京都の壬生から上賀茂のカキツバタで有名な大田神社まで、先日行かれたとか。
 巴面相(大)の試し書きして、すっかり気に入っ下さった。
 この筆は、曲線が描きやすくて、草書や仮名書きに向いているようです。

s-朝市のお客さん.jpg


追記 5月24日
 先日のお客さま、また今朝来てくださった。
その巴面相で、野アザミを描きましたよと、携帯写真を見せてくださった。
とても嬉しいので、さっそくご披露しますね。

20150512195711.jpg
posted by Megu at 00:16 | Comment(0) | 日記

2015年05月09日

連休の思い出  勝林院のライトアップ

4日 小雨模様の一日でしたが、夕方になって雨が上がったので、脚のためウオーキングポールを手にして、二人して大原散歩に出かけた。 

梅の宮神社の横の道を上がり、大長瀬町の公民館の前を上に上に小道を上って行ってみました。

IMG_3308.jpg
 朽ちかけた茅葺を見つけた。


IMG_3309.jpg
 廃屋の狸さん 


知らない道、いささかはどこかの庭に入りこんでいるのではないかと心配もしましたが、
野村岐れより、三千院近くに上って行く車道に出られた。

 ※野村別れと書いているのもあるが、元々はこの字。こだわりたいものです。


IMG_3310.jpg
その車道脇の、昔ながらのたたずまいの家。 小ぶりの薔薇が咲いていた。
 

 ここまで来たのならば、三千院や勝林院の門前散策を楽しんで帰ろうと行ってみると、
何と 夜間拝観だとかで勝林院が開いていた。

 ライトアップと聞くと、人工的なと非難しがちな大造さんではあるが、、、、
出くわしたのなら、まぁちょっと入ってみるか、、、、と。  


IMG_3313.jpg
6時12分 勝林院正面


 
IMG_3326.jpg
 庭に廻る人 殆ど無くて閑散としていた。

雨上がりの湿った木々、、この夕暮れ。何だかすごく懐かしい。
比叡山 根本中堂横の 総持坊に泊りこんでいた、高校生の夏休みの、あの頃の感覚を思い出す。
もう40年以上前の事なのに、


IMG_3335.jpg
 阿弥陀さん ちょっと細めの阿弥陀如来像

読経の中、そっと暗いお堂の中にお参りする。
住職さんの説明やお話の後、阿弥陀さんや他の仏像などゆっくり鑑賞。


IMG_3347.jpg
 脇侍の不動明王さん

勝林院から宝泉院にまわる。
ライトアップの明るさが控えめで、暗くてよかった。
ほとんど、どの部屋も入れる。

IMG_3359.jpg
  五葉松のある庭


IMG_3367.jpg
 7時13分  すべて写真は大造写す。

さて、帰りは雨が降り出したかと思うと、かなり本降りになって、雨宿りしながら帰ったことです。
こんな日だったからこそ、人が少なくて良かった。久々の大原観光でした。
観光シーズンの京都は、天候の良くない日を選ぶべきなのかもしれない。

 
posted by Megu at 00:54 | Comment(0) | 日記

2015年04月09日

春 こってりの なが〜い一日

4月3日天気曇り のち小雨 のち雨
 朝早くとは言い難いけれど、一日乗車券を手に出発。

 チーズとハムにフランスパン、バケットに、チリのコノスルのワインと洒落込んで、出町の土手にて 
あの2011年春以来のお花見です。   
12時頃には、天気予報通りに雨、出町橋の下に移動して、まだ暫らく楽しむ。二人で1本半開けたかな?
雨降り風情もまた良しではあるけれど 写真は、降る前の一枚のみ。

IMG_3190.jpg
 出町にて 柳の木にとんびが4羽、お花見の見物なのかも
     出町柳ともいうだけあって、桜も多いけれど柳の木も多い。


軽くアルコールを聞こし召したままバスに乗ってゆらゆら
 東山五条の京都陶磁器会館 2Fギャラリー「福島武山一門展」まで。
福島武山(ぶざん)さんのお弟子さんが中津筆工房に来られたことがあって、楽しみにしていた一門展。

すごく細密な赤絵の九谷焼「赤絵細描(さいびょう)」
職人冥利に尽きる感じ。
若いお弟子さん達の作品も素敵。 
使われている当工房の貂毛書(てんけがき)は細い筆であるが、それをまた一回り小刀で細くされて使われてもいるとか、凄い世界です。


 武山さん丁度おられて、貂毛書で小さい紙に丸をどんどん小さく描いて見せてくださる。
 
IMG_3194.jpg
福島武山一門展にて、武山さんと


決・武山さん実演書き.jpeg
(5.5×9cmの紙) 是非クリックして拡大して見て下さい。反対に実寸に近付けて見て下さいね。

綺麗な丸は武山さんが最初に書かれたもの。その下の乱れた丸は、大造がトライしてみたもの。次に、武山さんは、一番上部のローマ字「NAKATSU DAIZOU」を書かれたが、私には小さ過ぎて読めなかった。
ブログに出して良いか?と大造さんが許可を取った後、 また、その他いろいろ描いてくださった。
武山さんありがとう。学芸員の天野さんありがとう。こってり楽しみ満腹のひと時でした。


 四条寺町上ってすぐの 井筒八橋の2Fにて、ニッキ入りのソフトクリームとコーヒーにて休憩
八ッ橋に入っているニッキ(シナモン)がソフトクリームに入っているのが、結構おいしい。

次は、高島屋の画廊へ。
陶芸、柴田良三さんの個展 作陶展「蒼から群青へ」
いつも通り、楽しげな柴田さんと会い、しばし作品群を楽しむ。

夕暮れ時、居酒屋「まほろば」、、大造さんが1度行って気に入った店に、初めて私も行った。
今日は特別にライブだと、、誰の?と聞くと、「中川五郎」、、、フォークの?、、、ええっ?
という訳で、思いがけずに中川五郎のライブ、、、客少なくして、非常に贅沢な感じ。

高石友也の受験生ブルースの作詞をしたのが中川五郎とのこと。
奈良少年刑務所の受刑者の詩に曲をつけての新曲の演奏もいくつかあり。

フォークの始まりから何年も経つ。あの頃、ひょんな事からフォークの会場へ妹と行っている。
今でもフォークソングへの姿勢が変わらないし、しかも現役。やっぱり凄いですね。

中川五郎さん まほろば にて
IMG_3198.jpg


IMG_3202.jpg




大原への終バスを待つ停留所の夜桜  蓼倉橋バス停にて
IMG_3218.jpg



久々のブログ。
 遠くにいる友や、先輩に、京都の懐かしい薫りを届けたいと思って、公開日記です。
 お便り下さいな。  Megumi
 






posted by Megu at 00:09 | Comment(0) | 日記

2014年01月07日

2014年 おめでとうございます


2014�N����.jpg

2014年 明けまして おめでとうございます
旧年度中は、いろいろとありがとうございました
本年も宜しくお願い申しあげます


水彩にて、馬の目に願いをこめて描きました。
字は、大造です。 


posted by Megu at 18:12 | Comment(0) | 日記

2013年09月11日

銀座松屋の「ベニシアと仲間たち展」に、出展します

          何かを見つめるネコとねこ
IMG_2177.jpg



あまりにも暑い夏でした。

頭ガンガンの熱中症にも、一日中 大原の我が家にいたのにかかったりという日もありて

それだけに、本当に異常なのだと、まさしく異常な世の中のその真っ只中で生きているんだと思わざるを得なかった。今もいろんな意味でそう思ってもいますが、


今日は取り分けて涼しくなり、虫の音につつまれながらほっとしています。



          玄関先のネコとねこ
IMG_2183.jpg

          


9月11日(水)から24日(火)まで、東京 銀座松屋の8階にて「ベニシアと仲間たち展」が、開かれますが、そこに中津大造も出品します。筆の展示と委託販売コーナーもあります。

いろんな筆を見てほしいからとの思いもあって、23種類の筆を用意しました。

 売り場に居るわけではないので、どの筆がどう違うかなど聞かれた時の資料をと求められて、、、、
いろいろな観点から今、分かっていることを大造氏に聞いてまとめてみました。
まだまだいい加減な資料ではありますが、私自身少しは前よりわかってよかったという所です。


大造氏は猫と共に留守番ですが、私は20日に上京、21日から最終日まで、午後はできるだけ会場にいようと思っています。


 銀座松屋「ベニシアと仲間たち展」のURL
 http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20130911_venetia.html

 ベニシアさんは、大造氏と同じ歳。 大原の古民家で、ハーブ中心の庭作りをされながら住まわれていますが、TVそのままの飾らない性格で、どこか大きな人生哲学をもった人です。職人仕事、伝統の昔からの物をもっと大切にしていかんといかんよと、熱い思いを持って語られる。NHKの番組「猫のしっぽ カエルの手」の収録は終わりましたが、今はEテレで日曜、火曜に再放送しています。
http://www.nhk.or.jp/venetia/index.html  Eテレでアンコール放送

posted by Megu at 03:06 | Comment(0) | 日記

2013年01月14日

新年おめでとうございます


   新年 おめでとうございます

     昨年11月より、次男 重吉が弟子入りしまして 筆作りの修行を始めました。

     何とぞ宜しくお願い申し上げます

20013年賀IMGs-.jpg

年末、窓よりの景色を元に、、、朝焼けの空に大蛇の雲を描き過ぎたり、、消したりと、、、
 水彩画ですが、結構苦しみながら、、楽しみました。
 
 〜面相筆(吟面相・小、中と 点附)と 平筆2本にて。 画用紙はF2サイズ〜



IMG_1783.jpg


今日は鏡開き

仕事場の火鉢で焼きました。

やはり、炭火で焼くのは おいしいし、返って楽に上手に焼ける。

おまけに、実ハ 大造氏が焼いてくれるので、おおいに助かる。

IMG_1784.jpg





posted by Megu at 23:26 | Comment(5) | 日記

2012年09月28日

京北町のクラフト展に出店します

彼岸花とイッピキ9'27IMG_1651.彼岸花とイッピキ.jpg
 

森の手作りマーケット「けいほくクラフト」(昨年の名称、国民文化祭・京都2011イベント絵巻)に、昨年に引き続き出店します。

 日時  10月6日(土):午前10時〜午後5時
        7日(日):午前9時〜午後4時
     《雨天決行》

 場所 右京区京北町の京都府立ゼミナールハウス・大広場
  
けいほくクラフト201282AF82A283N8389HP97p.jpg


緑豊かな自然の中に、100組の個性あふれるクラフト作品と手作りにこだわる食べものブース。
作家自らが指導する手作り体験もあります。
子どもも大人も楽しめる、温もりいっぱいの「けいほくクラフト」は、秋の京北・美山へのドライブに最適です。
ぜひお立ち寄りください。・・・・・・・けいほくクラフト案内文より

 けいほくクラフトのホームページ  http://keihoku-craft.com/



昨年の京北の思い出より

   朝の準備
IMG_0960.jpg







    かわいいお客さんも
IMG_0980.jpg





    看板は、大造氏自筆(当主 すっかり、店番にも慣れました)  
IMG_0996.jpg


    
IMG_0998.jpg













posted by Megu at 13:38 | Comment(0) | 日記

2012年05月19日

西山高原アトリエ村

IMG_1432.jpg
緑の色が上手く写ってないのが残念ですが、ボルトボルズの器


三年連続、毎年西山高原アトリエ村に行くのが恒例になってきています。

今年は陶器の絵付けをしたいとの、昨年よりの思いをもって二人で5月3日に出かけた。

柴田良三さんの自宅前の絵付け場所には、何やら撮影のカメラ。
このところ、撮影のカメラに縁がある、、、何かな、、、と思いながら近づくと、若者二人が、撮影されながら楽しそうに絵付け中。吉本興行のタレント、ボルトボルズという二人組みという。

たけのこ寿司
IMG_1420.jpg


私たちは、まずは腹ごしらえと、、たけのこ寿司(やわらかい乙訓のたけのこの中をくり貫いて、そこにお寿司ご飯を詰めてあるというアイデアも、味も良かった。)と、カレーパン。いづれも手作りでおいしい。そのあと、彫刻家の貴志カスケさん宅のイノブタの焼肉、、、これまた、すごく柔らかくて美味しかった。来年も食べなくては、、、

貴志カスケさんの作品もまた、、、どうやって動いているのか、、と、考えこんでしまう作品。答え不明であるし、教えてももらえないが、、不思議な思いで、気になりつつじっと見てしまう所に時間が流れていく。  時間を内包した、時間と共に在る作品。
貴志さんは、大っきさと、磊落な逞しさ、存在感を感じさせる人であるが、相当細やかな人でもあるのだろう。


IMG_1428.jpg

その後、柴田さん宅にもどり、絵付けを楽しんでいるうちに、またもや、ボルトボルズと一緒になった。焼き上がりの時間にて、撮影でした。
焼きあがった作品は、緑がびっくりする程あざやかにでた作品と、もう一人のは落ち着いた渋い作品。
どうしても、器を手にとって見たくなった様子で、熱いのもかまわず撮影も構わず、ハンカチを取り出して見ていた大造氏、ボルトボルズに「師匠、どっちがいいですか?」なんて、急に振られたが、、、決然と、「こっちです。」と、緑の器を指差してにわか師匠。
 すっかり、カメラ慣れしている大造氏でした。これも、放送されたのかも、、、ただし、その地域限定の洛西ケーブルビジョンなので、見られず不明。

陶芸家、柴田良三さんの話、「前日の大雨によっての釜の湿気が影響したと思われる。出そうとしても出ない偶然の産物の緑だ」と。



IMG_1445.jpg
帰路、西山高原より北を写す。めぐみ撮影

IMG_1416.jpg
北山橋より北を写す。大造撮影 4/27



posted by Megu at 21:43 | Comment(0) | 日記

2012年04月21日

全国放送のTV「猫のしっぽ カエルの手」に出ま〜す。

嬉しいことに、、今度は、NHK BSのテレビに出ます。 
大原に15年ほど前より住まわれているベニシアさんの「猫のしっぽ カエルの手」の番組で、中津が取り上げていただきました。

放送予定日5月11日(金) 夜 19:30〜20:00 NHK BSプレミアム

再放送 5月16日(水)夜中 23:45〜24:15  NHK BSプレミアム  
      5月18日(金) 朝 11:00〜11:30  NHK BSプレミアム


4日間かけて、丁寧に撮ってくださいましたので、どんな番組になるか、放送を楽しみにしています。

どう編集されるか、、、ですが、今度は、私も、仕事を継いでくれる下の息子も、少しは出る予定です。 上の息子は、沖縄で、数年前に仲間3人で、家をメンテナンスやリフォームする会社を立ち上げ、家族にも恵まれて元気にやっています。この春先には、生まれて半年になる孫を見せに来てくれましたが、孫娘の顔立ち 表情の中に、自分や息子の感覚を見出しまして、、なるほど、いくら他所の子が可愛いと言っても、自分の孫は格別なんだ。と、発見。孫に大アマのおばあちゃんという存在を納得、了解しました。


ウチの猫「テナー」・・・こんな顔してますが、天才メスねこです。要求の強さ,頑なさに、、、、誰に似たん、、人間やったら大変やったで。と、言われています。撮影のときには、私も写して、、と、その場を動かずアピールしてましたが、、結局、のいてもらいました。大造氏のネコ女房というところでしょうか。



ウチの猫「イッピキ」・・・無類に可愛いオスねこです。姉さん女房的なテナーに、「うるさいわい」と、反旗を翻して2年程立ちました。怒りんぼではありますが、どこから声を出しているのか、、いぶかるほどの可愛い声。甘え上手で、IT担当めぐみの秘蔵っ子。



カエルが、遠くで鳴きだして3日目。4/21椿の枝を切っていましたら、枝にしがみついてまだまだ冬眠している様子の、多分モリアオガエルを、見つけました。




大原旧道より大尾山を望む。4/21今、大原はサクラが満開、梅も残っているところに、ようやく桃が咲きはじめました。 今年は、手入れ行き届かず、荒れた庭ですが、、椿に、白のユスランメ、薄むらさきのライラックも咲き、何より新芽がいっぱい出てきました。ようやく春です。


posted by Megu at 19:50 | Comment(7) | 日記