2011年04月16日

春  脱原発を思う

IMG_0224.jpg
京都 出町にて、河原のユキヤナギより葵橋を望む 4/5 


2011,4,大造 040.jpg
京都 出町にて、お花見  4/5
多くの外国の人が帰国されたと耳にするが、お花見されていてうれしかった。




被災地の苦しみ 原発のことより、時には 頭を離したいと思いもして、

前回ブログを書いた次の日には、中川一政展に行き、そのあと、出町の河原でワインを飲んでのお花見を楽しんだり。
  
 中川一政の油絵らしい油絵。知らない画家ではなかったけれど、初めて個展を観た。 
本物の生きている暖かさ、エネルギー、動き、そして散文がとてもよかった。(4月18日 月曜まで、 京都 高島屋7階大ホールです。)

12日には、幼なじみ、さっちゃんの夫君の「鶴身幸男洋画展」を神戸に観に行って、 そのあと、海が見たくなり、メリケン波止場まで歩きまわったりと。


という訳で、、いろいろ、日常生活はあるのですが。


でも やはり 大きく気になる。目が離せない。


どうなりそうなのか、
どうなるかもしれないのか、しっかり、できるだけ知っておきたい。
覚悟を少しは持っていながら、出来ることをしていきたい。

反原発の方向に動きそうな世間の感じを、ほんのちょっとだけど、感じられる気持ち。
ほんの少しだけ、せめて その希望をおもふ。 



参考になるサイトを、載せておきます。(クリックすると、見られますので よろしく)

 @ 「原発なしでも、電力足りている」と、京大原子炉実験所の助教 小出裕章先生講演
9分 3/25に作成された映像
http://youtu.be/PLJVLul6Wz0


 A4/10,ジャーナリスト岩上安身氏が 小出裕章先生にインタビュー映像
http://youtu.be/yVbRyLyT_I0

83分と長いですが、福島原発 原子炉の今までの動き・現状と諸々の問題・これからのこと、とても解りやすいです。 
現状、再臨界を疑うしかないとのこと。最悪の水蒸気爆発を、どうやって防ぐか。防げるのか。 
「コストも、原子力発電が一番高い」と。



 B武田邦彦氏 中部大学 教授のブログ
原発、放射能、内部被ばくなどに関して、生活上の注意、解説。
 
http://takedanet.com/


 Cグリーン アクション (京都在住 アイリーン・美緒子・スミスさん代表)
1991年より、脱原発への政策提言。
 人をつないで脱原発をめざす市民団体
http://www.greenaction-japan.org/


2011,4,daizo 005.jpg
庭の椿、、今年は 特にいっぱいのつぼみをつけてます。4/10   


2011,4,megumi 018.jpg
神戸メリケン波止場にて 4/12



2011,4,megumi 023.jpg
ポートタワーと神戸海洋博物館 4/12





2011,4,daizo 029.jpg



      京都岡崎公園 疏水の桜 4/14


2011,4,daizo 032.jpg





2011,4,daizo 038.jpg



  *写真上でクリックすると、2段階大きくなります。






posted by Megu at 12:42 | Comment(2) | 原発
この記事へのコメント
中津さん、見ましたよ!写真きれいですね。日本はきれいな国ですよね。インドは元気です。でも暮らすのは大変みたい。昭和30年代、空気も川も今ほどきれいでなかった日本。。でも今、車が多くても排ガス規制して、汚水の処理だってきちんとして、水も空気もみんな努力してきれいになったんですもの。こんなきれいな日本がなくならないことを祈るのみです。
Posted by Miki at 2011年04月21日 11:49
Mikiさんコメントありがとう
ほんと、そういえば 京都は 鴨川も高野川も昔よりきれいになったようで、鳥がふえています。
 今の危機を何とか切り抜けて、、
犠牲が大きくなりそうでつらいですが、、、

不便ながらも元気なインドの良さを学んで、
健康な未来を、生活を得られる国になるようにと、そんな国にしていく努力を 少しずつでもしていきたいです。
インドのこと、あれこれ また教えてくださいね。
Posted by IT担当 めぐみより at 2011年04月22日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]