2011年04月04日

原発のこと

ただ今のニュース(4日9時)放射能汚染水を、海に放出することにした、と。

そうせざるを得ない福島原発の現状である、と。

そこまで、もうどうしょうもない事態である、と。

放射性物質の食物連鎖・・・・その恐ろしさをわかっているはずであるのに。
けれども、それよりも  より危険な今である、ということ。

どれほど 今 危険なのか・・
なるようにしかならない、、、、、と思うしかないのか。
今、どんなことが起こっても、そう驚かないのかもしれないとも、感じる。

せめて、本当のところを、知りたい、知っておきたいと思っている。


チェルノブイリ原発事故の時より注目し信頼している広河隆一氏と広瀬隆氏の講演、2時間という長時間ですが、いろいろな事が語られていますので、是非多くの人に1度見てもらいたいと思っています。

Youtubeより〜広瀬隆/広河隆一「福島原発現地報告と『原発震災』の真実」(3/23作成)



悲しすぎる現実
怒りでたまらなくなる現実
それでも流れていく日常

良きも悪きもひっくるめて
つくづく、人間の、人間というものの凄さを思う
願ワズニハイラレナイ

何としても、、、、、、


(つぶやき)
 怒っていること、いっぱいある。風評被害ではないだろう。それは原発被害だろう。
福島県で野菜づくり、無理。 酪農、無理。 汚染された魚も食べたくない。
幼い子、若い人には、特に食べさせてはいけない と、政府は言うべきだろう。
未来を考えるなら、、大切に思うなら、、、、
ソシテ、でき得る限り
国は責任をとって保障するべきである。
といっても、健康や想い、思い出、すべての保障は何もできやしない。
痛み 哀しみ くやしさ 生きがい 誇り・・・土 空気 

安全な野菜を口にしたい。安全なお肉を食べたい。 福島県の人に食べてもらいたい。
作った野菜を食べずに捨てることの悲しみ。鶏も牛も飼っていても無駄だと、いつ、誰が言うだろうか。
放射能でやられた野菜を田畑にすきこんでは、土壌が汚染されるからいけないと、いつ、誰が言うだろうか。どう処分できるのだろうか。

汚染されている1つの野菜と、されていない1つの野菜をどうやって見極められるのか。
農家の悲しみ、酪農家の悲痛なおもい、、、今なお、30キロ圏内で、牛や鶏の世話の為に残っている人のこころを、どうしたらよいのだろうか。

計画停電という無計画停電。インドより帰ってきたミキさん曰く、インドではよく停電があるそうな。だけども、1時間以内だから冷蔵庫も大丈夫だし、待ってられると。
東京では3時間も計画停電・・・・これはおかしい。何としてもおかしい。多分、原発なしでは、こうなりますと、洗脳する為なのではないか。原発も東電、計画停電も東電。今、関東で電力が足りないのは火力発電所が地震でやられた為。新幹線は、ガラガラで走っているとのこと。


原発 どれだけ不便しても 反対。
原発しかない、とか、1番安くつくとか、、、嘘

原発 無いならないで、その中で辛抱しながらまた開発もしていく力を、人間は持っているはず。


尽きないおもい、東北地方、教育実習でお世話になった釜石への想い、あまりにも痛い。

    



posted by Megu at 21:21 | Comment(0) | 原発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]