2017年10月02日

広島 原爆ドーム


IMG_5622.jpg



この夏 7月末の広島 原爆ドーム

大造氏 ひとり旅  ドームのまわりを、南から時計回りで1周したと。
 朝7時過ぎよりの写真です。



IMG_5625.jpg





IMG_5627.jpg


石ひとつ 欠けらひとつ

そのままにしておかないといけない。

そのことを強く感じる。


IMG_5628.jpg






IMG_5629.jpg





IMG_5630 - コピー.jpg
(次の写真の真ん中下 部分拡大)



IMG_5630.jpg





IMG_5631.jpg





IMG_5632.jpg





IMG_5633.jpg





IMG_5634.jpg



posted by Megu at 00:08 | Comment(0) | 日記

2017年01月04日

2017年 あけまして おめでとうございます

 本年も 宜しくお願いします。

2017年賀状.jpg

下鴨神社 糺の森のアオバズク  フクロウ科の準絶滅危惧種です。
   
糺の森の南側の自然のままにされていた所に営巣していたのです。
その場所がマンション建設工事にて、大木が相当伐採、あるいは移植されてしまいました。
 さぞかし困っていると思います。

近頃は、糺の森以外でもそうなのですが、木々を奇麗に整備したり、小道を作ったり、やたらに手を入れてしまう。
自然そのままにしておくのは美しくないと感じる傾向が街中では顕著であるようで、糺の森も自然のままの場所はもう見当たらなくなってきました。 寂しいことです。

せっかくの自然そのものを大切にしないで、作り物化してしまって、薄っぺらなものにしてしまっている。
そう感じるのは、やはりもう古いのでしょうか?
いろいろな思いを込めて、怒っているアオバズクを描きました。

糺の森のすぐそばで育っただけに、残念な思いは深くて
 「糺の森 未来の会」にて、署名も集めています。  
https://www.facebook.com/糺の森-未来の会-394941354026233/?fref=photo

 京都の世界文化遺産を、間違った観光地化するための破壊、開発から守りたいと思っています。
       ※ 糺の森=ただすのもり


 秋は息子の住む家の改築工事で、工房は留守がちでしたが、
12月末には出来あがり、息子たちも住み始めました。

 ようやく落ち着いて工房に居るという日常になってきました。
訪問を待っていて下さった方々、どうぞ宜しくお願いします。




posted by Megu at 12:41 | Comment(0) | 日記

2016年12月04日

息子の住む家 改築仕事 P2

やはり素人 なかなかに出来あがらず、、、
父子二人で、未だ頑張っている。
しかし、12月中頃には出来あがる見通しになってきました。

 折角,訪ねて下さった方には、失礼しております。
週に2日は、在宅で筆仕事をしています。都合を調整できますので、どうぞ、夜にお電話下さいますよう、宜しくお願いします。


IMG_4722.jpg
ロフトの窓・・・素人だからこそ凝る

IMG_4749.jpg
ロフトの物入れ場所・・押し入れ・・隠れ場所にいいな

IMG_4753.jpg
息子の大工の腕前も上がってきたようです

IMG_4781.jpg
 早朝のたんぽぽ

IMG_4783.jpg
 綿毛に水滴

IMG_4788.jpg
 バス停までの早朝の大原の景色

IMG_4790.jpg








posted by Megu at 23:32 | Comment(0) | 日記

2016年10月06日

洋梨鳥 Pear bird

IMG_4691.jpg
          
IMG_4693.jpg
          むむっ
IMG_4697.jpg
      と り
IMG_4700.jpg
      むむむっ
IMG_4702.jpg
    すわっている
IMG_4704.jpg
     ねてる
IMG_4706.jpg
    bird
IMG_4708.jpg
  ねむってる
IMG_4709.jpg
        洋梨鳥
IMG_4710.jpg
     Pear bird
IMG_4714.jpg






posted by Megu at 05:42 | Comment(0) | 日記

2016年09月19日

筆工房に見学来訪

過日 石川県立九谷焼技術研修所の一年10名と先生2人の見学がありまして、実演をまじえながら、一通りの面相筆作り工程の話などをさせていただきました。

熱心に聞いて下さいまして、とても嬉しいあっという間のひと時でした。
     ありがとうございました。

IMG_0405.jpg

 九谷焼の将来を担う人が この中から出て来られるかもしれないと思うと、
わくわくして つい私もはべってしまい、写真を取り損ねまして露出が悪くて残念です。

本科2年、研究科1年で、3年間みっちり研修して、スタートラインという先生の話。
将来個展をする時は、案内状を送ってくれるようにと、頼んでおきました。

 石川県立九谷焼技術研修所 http://www.pref.ishikawa.jp/kutanike/index.html


IMG_0399.jpg


posted by Megu at 14:06 | Comment(0) | 日記

2016年09月17日

息子の住む家 改築仕事

IMG_4630.jpg
 この写真の姿は、本当の大工さんです

いよいよ本格的に、息子の重吉が筆仕事に通い出していたのですが、大造氏の育った一乗寺の家を改築して、そこに住まうこととなりました。

 来客のお約束の無い日は、二人して大工仕事に行くという感じになっていますので、今しばらくはあらかじめお電話をいただかないと、留守のことが多いので宜しくお願いします。


IMG_4654.jpg
 大変でも楽しそうな大造氏

IMG_4655.jpg

いっぱしの大工さんです


IMG_4647.jpg
にわか大工弟子の重吉です

IMG_4652.jpg
小さな平屋ですので、ロフトも作っています。



息子が我が家工房に通うようになって、いや、それ以上に、私のやり始めていたことがいろいろあったり、なんやかやで、ブログまで書けなかった日々、あっと言う間に、夏が過ぎました。 
                                                                   IMG_4591.jpg


初めて見ました。
初めてたべましたね。
マイクロトマト
一粒、
直径6ミリぐらいか
ほんとに小さい。


IMG_4483.jpg







何年前に植えたのでしたか(15年ぐらい前でしたか)
初めて
我が家のさくらんぼ
一つ食べました。
ほんの少しは実が付くのですが、
いつもは、赤くなる前に
小鳥に食べられてしまいます。








posted by Megu at 02:30 | Comment(0) | 日記

2016年05月17日

再々放送ですが、ベニシアさんの「猫しっぽ カエルの手」に出ます。

今宵は、雨の中、カエルが鳴いていて落ち着きます。

あまりにも、今年はカエルの鳴きはじめが遅くて異変ではないかと心配していましたが、一週間前よりよく鳴くようになり、今日は何だかほっとしました。

大原に住んだ頃(1987年秋)から、5年ほど前までは、それこそ嫌と言いたいほどカエルが多くて、車での通行は心を鬼にしながらでしたが。 
どうにも多過ぎて、カエルをさけての走行不可能状態でしたから・・・・・
カエル大好きなだけに。
無論、ねこも大好きですが。

カエルの声に包まれて、今宵は、ほっとしています。


昨日、日曜日夕方に、4年前の中津筆工房が出ているベニシアさんの「猫しっぽ カエルの手」の再放送がありました。
見ましたよ、という反響の大きさにちょっとびっくりしています。嬉しいことです。

水曜日昼、0時25分から55分まで、再々放送あります。
BS放送ではなくて、Eテレ(かつての教育テレビ)ですので、見て頂きやすいかと思います。
http://www.nhk.or.jp/venetia/past/past120511.html
ギリギリにての投稿ですが、何とぞ、宜しくお願いします。


IMG_1298.jpg


IMG_1313.jpg
2012年4月9日撮影時のひとこま



知り合いの皆さま、特にBSでは見られないと言われていた友に知らせたいと思いながら、時間無く失礼をば、です。


posted by Megu at 01:12 | Comment(0) | 日記

2016年03月16日

チェルノブイリからフクシマへ 「風しもの村」

風しもの村16‘.jpg


4月16日から、東京 江古田 武蔵大学付近の ギャラリー古藤であります。

チェルノブイリ原発事故より30年
福島原発事故より5年
悲しみ 苦しみ、、、そして、だからこそ 欺瞞がいっぱい転がっている世の中にて
何故に原発止められないのか?
何故にやめられないのか?
いくらでも辛抱しなくてはいけないのではないか?  止めるためには。

こころが疲れ果てる思い
苦しんでいる人の肩代わりはできない。
私には、放射能が確率的に高く入っていても、食べましょう。なんて欺瞞もできない。
安全なものを食べたい。
だからこそ、これ以上の原発は拒否します。せめてです。


風しもの村16‘案内.jpeg.jpg

(画面上でクリックしたら、読みやすくなります。)

風しもの村16‘プロフィール.jpeg.jpg


政治的発言は、オミットとしてきましたが、
現政権に委ねていたら、原発は再開されていくのは目に見えています。
明言されていますから。
地震国 日本です。

日本はいずれ核の原発の捨て場になるのではないでしょうか。(どこの国も用済みの原発処理に困っているのですから、もう一度汚染されたら どうせまっとうには住めない場所になるのですから。その上、都合の良いことに海に囲まれていますから)
逃げられない私達
逃げたくない私達

原発の無いくらしへ
被害の人々を救済しながら、歩み直さなくては

風しもの村16‘イベント.jpeg.jpg


posted by Megu at 14:47 | Comment(0) | 原発

2016年02月17日

書物「京の手仕事 名人寄席」に取り上げていただきました

京の手仕事 表紙.jpg


 
 2013年8月8日の暑い日に数時間、著者の吉田敦さんが 丁寧に取材なさいました。

それから数年経ちまして、ようやくに出来上がった大切な本です。
                                                                                                                                                                
中津筆工房が、手仕事49の内の1つに取り上げてていただいています。

「抜け雀」と京の筆 という題名にて、中津筆工房が出ています。

  小見出しは3つあります。
     ・大原の里の筆屋さんを訪ねる
     ・面相筆ができるまで
     ・面相筆の製造元として活動


京の手仕事 プリント.jpg


posted by Megu at 12:41 | Comment(0) | 日記

2016年01月18日

大原わいわい日曜朝市への出店は、止めました

   2011年4月より 朝市に中津筆工房の筆を出店してきましたが、

 通信販売の方も忙しくなり 身体に無理になってきましたので、今年2016年1月より出店を辞めました。

 いろいろな人と出会い親しくなったこと、同窓生ともばったり出会えたことなど、楽しい思い出がたくさんあります。
    皆様 ありがとうございました。
  
  朝市会場より約1kmの所に当工房がありますので、どうぞお店の方にお立ち寄り下さい。
 朝9時から夕方6時まで開けています。 ホームページの工房案内に地図を載せています。

  定休日は設けてなく不定休ですが、特に日曜日は、特別の日以外は休みません。

  たまには、地域の清掃などの行事が入るものの(大抵10時、11時までです)そういう時は脚を痛めている私は行きませんので、お店は開けております。
  電話を入れて下さると確実です。御遠慮なく電話を掛けて下さいますように。
         075-744-2134

  近日の特別休みは、3月6日です。   法事のため休みます。

  何とぞよろしくお願いします。



書道家 イスラエルのテルザさんが、春と秋に ツアーを組んで、中津筆工房に来訪。その折の様子です。
  テルザのフェイスブックhttps://www.facebook.com/shodo.calligraphy/timeline

s-IMG_0278.jpg
左から3人目がテルザさんです。

IMG_0279 - コピー.jpg
昨年、2015年9月27日 めぐみ写す
  



     
posted by Megu at 19:15 | Comment(0) | 日記